鯖江市地域活性化プランコンテスト

2008年から毎年9月に開催している鯖江市地域活性化プランコンテスト。携わっているいろんな人がいろんな視点から書いています。

第13回鯖江市地域活性化プランコンテスト開催(まとめ記事)

2020年9月19日〜21日

第13回鯖江地域活性化プランコンテストが開催されました。

13年間で初のオンライン開催。

実行委員会を中心に約半年間準備を進めた集大成である3日間を、ダイジェストでお届けします。

 

◎1日目

朝から最終スケジュール確認のためミーティング。

緊張の3日間のスタートです。

f:id:sabaepc:20200928135625j:plain

3日間の成功を祈り、各配置に分散。運営スタッフ(学生団体with)は3密を防ぐため、4箇所に分かれての作業になります。

つつじホール、らてんぽ、Hana道場、Hana工房。

 

午後からオンラインツールZoom内にて参加者、メンター陣も集合し、ガイダンスを実施。

ガイダンスはさらっと行い、参加者とwithによるアイスブレイクで頭と緊張をほぐします。

f:id:sabaepc:20200928152105j:plain

実際に現地で集まれない中、オンラインでも運営メンバーとの親睦を深める企画は貴重です。

 

その後は1日目のメインイベント、牧野市長による座談会が開催されました。

f:id:sabaepc:20200928150554j:plain

f:id:sabaepc:20200928144656j:plain

参加者から挙手制で質問をしてもらい、市長に答えていただく貴重な時間。

市長もメモを取りながら一つ一つ丁寧にご回答していただきました。

f:id:sabaepc:20200928152555j:plain

f:id:sabaepc:20200928153035j:plain

 

市長座談会が終わり、本格的に各チームにてプランニングを開始します。

f:id:sabaepc:20200928153218j:plain

Discordというソフトを用いて、チームごとに分かれて会議をします。

3人×6チームの参加者にそれぞれサポーター(学生団体with)が付き添うことで、プランニングをサポート。メンター陣もアイデアの出し方をアドバイスしたり、豊富な知識量で参加者達のプランを深めていきます。

2日目にある中間報告に向けて、プランニングは夜まで行われました。

 

◎2日目

参加者も運営も朝早い時間から活動をスタート。2日目は地元高校生が企画したラジオ体操で頭と体を活性化させます。

f:id:sabaepc:20200928153901j:plain

f:id:sabaepc:20200928175200j:plain

市役所の方々や高校生もラジオ体操動画に出演。

学生団体withが、事前に鯖江駅や西山公園などさまざまな場所で撮影し、参加者と一緒に体操しました。

朝から体を動かすことで、2日目以降のプランニングに挑みます。

 

午後からは中間報告会。

各チームの進捗をメンターに発表し、フィードバックをもらいます。

f:id:sabaepc:20200928155704j:plain

f:id:sabaepc:20200928155756j:plain

 

中間報告を終えた後は、長時間パソコンを見ることになる参加者と運営スタッフのために、目の体操を実施。

f:id:sabaepc:20200928160247j:plain

 

その後は3日目の本番発表に向けて、各チームヒアリングを行いながらプランを設計します。

f:id:sabaepc:20200928160801j:plain

オンラインでもブレインストーミングを行い、メンターからフィードバックをもらうチーム。

 

f:id:sabaepc:20200928161009j:plain

学生団体withがタブレットを持って歩き、鯖江市民と参加者を繋げることでヒアリングも可能にしました。

各々に工夫しながらプランニングを進め、3日目を迎えます…。

 

◎3日目

迎えた最終日、つつじホールにて最終発表会が行われます。

司会は学生団体withOGの小川さん。

f:id:sabaepc:20200928161815j:plain

f:id:sabaepc:20200928161836j:plain

 

1チーム目はチームワシントン。

f:id:sabaepc:20200928161956j:plain

f:id:sabaepc:20200928162056j:plain

f:id:sabaepc:20200928162543j:plain

「sa-bapapaプロジェクト」と題し、父親の子育てに関する考え方を改めるプランを発表。

福井県が共働き率の高いことに注目し、父親が家事や育児に関わりやすくなる企画を提案しました。

 

2チーム目はチームニュートン

f:id:sabaepc:20200928162621j:plain

f:id:sabaepc:20200928162714j:plain

f:id:sabaepc:20200928162824j:plain

福井県出身の3人が、「鯖江立国案」によって、鯖江福井県の拠点化!

専用のアプリによって鯖江に入るためのパスポートを作ることで、パスポートを持っている観光客は特典がもらえる仕組み。

福井県でどこを観光するか悩んだとき、鯖江に行こう!と堂々と言えるコンテンツになっていました。

 

3チーム目はチームミケランジェロ

f:id:sabaepc:20200928163446j:plain

f:id:sabaepc:20200928163532j:plain

f:id:sabaepc:20200928163544j:plain

鯖江を「日本一論文が書きやすい町」にするため、鯖江の古民家を活用します。

トキワ荘の論文版として、全国の大学生にフィールドワーク対象として鯖江に来てもらい、宿泊施設である古民家、鯖江のオープンデータ活用を図ります。

 

4チーム目はチームシェイクスピア

f:id:sabaepc:20200928164053j:plain

f:id:sabaepc:20200928164119j:plain

f:id:sabaepc:20200928164341j:plain

鯖江にはさまざまなことに挑戦できる土壌や環境が揃っていることに注目し、「勝手に鯖ギネス」を実施。

鯖江市民による挑戦の渦に、より多くの人が参加して欲しいという思いから生まれたプラン。鯖江市民がさまざまなギネス記録に挑戦することで、鯖江全体を盛り上げます。

 

5チーム目はチームコロンブス

f:id:sabaepc:20200928165418j:plain

f:id:sabaepc:20200928165448j:plain

f:id:sabaepc:20200928165611j:plain

鯖江市役所東京課」を設置し、鯖江と東京の両方の高校生が互いに訪問することで、鯖江のまちづくりに持続的に参加できるプランになっています。

鯖江と東京、双方にとって魅力的なプランであり、実現可能性もしっかり感じました。

 

最後の6チーム目はチームロック。

f:id:sabaepc:20200928165945j:plain

f:id:sabaepc:20200928170342j:plain

f:id:sabaepc:20200928170322j:plain

「日本一音の変態が多いまち さばえ」というキャッチフレーズがユニークなプラン。

DTM(デスクトップミュージック)というパソコン上で作る音楽を生かして、ITのまち鯖江と組み合わせます。

学校教育やコンテスト開催など未来から現在までの道筋が立てられており、鯖江との親和性もよかったです。

 

審査には、鯖江市長の牧野様、鯖江商工会議所回頭の黒田様、福井信用金庫理事長の岡本様、夢みらいWe代表の栗山様、株式会社Jig.jp取締役会長の福野様に来ていただきました。

f:id:sabaepc:20200928171301j:plain

審査員からの質疑応答も鯖江を想ったものばかりでした。

 

審査中は学生団体withによる漫談会。

約20分の運営裏話を話しました。

f:id:sabaepc:20200928171527j:plain

 

そして結果発表、まずは優秀賞までの発表です。

オーディエンス賞・・・チームロック!

優秀賞・・・・・・・・チームミケランジェロ&チームシェイクスピア!!

そして最優秀賞は・・・

f:id:sabaepc:20200928172213j:plain

チームロック!!!

チームロックはW受賞、おめでとうございます。

 

全チームの発表が終わり、エンドムービーを見る会場。

f:id:sabaepc:20200928172458j:plain

途中から曲が変わり、牧野市長の姿が。

サプライズ動画として、牧野市長への感謝のムービーに切り替わりました。

 

f:id:sabaepc:20200928172637j:plain

f:id:sabaepc:20200928172702j:plain

f:id:sabaepc:20200928172735j:plain

第1回からずっと「市長をやりませんか?」のキャッチフレーズを使用させていただき、牧野市長がいたからこそ成り立っていたコンテスト。

牧野市長と創り上げるコンテストは今年で最後です。

13年間、参加者を支え、我々運営を支えてくださった牧野市長に感謝を述べて、コンテストの閉幕としました。

 

f:id:sabaepc:20200928174552j:plain

f:id:sabaepc:20200928174400j:plain

我々学生団体withと共にコンテストに携わっていただいた運営や視聴者の皆様、オンラインでも参加したいと言ってくれた参加者の皆様、そしていつもブログを見て応援してくださっている市民の皆様、本当にありがとうございました。

またこれからも宜しくお願いいたします。

 

発表会の様子はYouTube録画にて是非ご覧ください。

www.youtube.com

 

ヒアリング会を開催しました

2020/08/30 in つつじホール

第13回鯖江地域活性化プランコンテストのキックオフから1週間。

本日はヒアリング会を開催しました。

f:id:sabaepc:20200831160507j:plain

参加者からの質疑に鯖江市民が答えます。
ヒアリング対象者はつつじホールにて集まっていただきました。
おせっ会の上嶋さん。うるしの里会館の金子さん。実行委員会メンバーでもある商店街の倉橋さん、久保田さん、八田さん。

鯖江市役所から、商工政策課にぎわい推進本部室の高橋さんと渡辺さんに来ていただきました。

f:id:sabaepc:20200831161503j:plain

プラコン参加者からの質問に、つつじホールにいる方々に答えていただきました。
キックオフから1週間。参加者は「さばえまるわかりマップ」「鯖江人図鑑」を見て、質問内容を整理。

 

f:id:sabaepc:20200831160831j:plain

上嶋さんへは、飲食店のお客さんの情報や、ライブに来るお客さんの対応について。

f:id:sabaepc:20200831162223j:plain

金子さんへは、漆器などのうるし産業に関する質問が多く見受けられました。

f:id:sabaepc:20200831162607j:plain

キックオフから1週間ですが、商店街に関しても多くの質問がされていました。
久保田さんや倉橋さん、八田さんが対応します。

f:id:sabaepc:20200831163055j:plain

昔の商店街の様子など、若い世代が知らない話もしていただきました。

学生団体withのチームサポーターのみ、つつじホールに集合。
質疑内容を真剣にメモしています。

f:id:sabaepc:20200831163253j:plain


行政に関する質問も非常に多く出ていました。
高橋さんがその場で調べ、すぐに回答する場面も。

f:id:sabaepc:20200831163555j:plain

f:id:sabaepc:20200831163618j:plain


鯖江市への移住者や、高校生など若者に焦点を当てた質問は、移住者である中村さんや学生団体withの子たちに答えてもらいます。

f:id:sabaepc:20200831163946j:plain

f:id:sabaepc:20200831170359j:plain


最後は参加者に「鯖江の好きなところは?」と聞かれ、各々がユニークに答える場面も。

f:id:sabaepc:20200831164356j:plain

f:id:sabaepc:20200831170501j:plain

他の学生団体withのメンバーはその様子を自宅で視聴しながら記録。
オンライン開催での運営方法を模索しております。

これらのヒアリングを参考に、参加者たちはプランニングを進めていきます。

f:id:sabaepc:20200831170839j:plain

f:id:sabaepc:20200831170902j:plain

※集合写真のときのみマスクを外しております。

ヒアリング会にご参加いただいた鯖江市民の皆様、ありがとうございました。



第13回鯖江市地域活性化プランコンテストがキックオフ

2020/08/23

 

オンラインで行われる第13回鯖江地域活性化プランコンテスト。

ついにキックオフです。

f:id:sabaepc:20200831133650j:plain

 

実行委員会のメンバーと、全国の学生の中から選ばれた18人の参加者たち、オンラインにて初の対面です。

まずは自己紹介の様子から。

f:id:sabaepc:20200831133723j:plain

f:id:sabaepc:20200831131809j:plain

竹部さんからプラコンの説明を受ける際は真剣な表情。

「あなたのプランが明日の地域活性に繋がるかもしれない」

今から約1ヶ月間、参加者は鯖江の未来について考えます。

 

f:id:sabaepc:20200831132516j:plain

オンラインでプランを考える以上、ディスカッション手法にも工夫が必要です。

Discord”というソフトを用いて、それぞれチームごとにボイスチャットを行います。

プラコンメンターたちもすぐにディスカッションの様子を見ることができ、非常に便利。

これを活用し、最終発表までプランニングを設計します。

 

f:id:sabaepc:20200831133054j:plain

一通り説明が終わったところでお楽しみ。

参加者と学生団体withによるアイスブレイクです!

今年は実際に会って交流することが不可能なため、学生団体withと交流する機会も少なくなります。

アイスブレイクによって参加者同士も交流することができました。

 

キックオフ初日も後半戦。

SAP吉越さん、KDDI松野さんにお越しいただき、Zoom座談会を開催しました。

「なぜSAPジャパン、KDDI鯖江を支援するのか」

f:id:sabaepc:20200629182841p:plain

SAPさんがなぜ鯖江に注目したのか、KDDIさんは地方創生の取り組みについてそれぞれお話ししていただきました。

f:id:sabaepc:20200831134209j:plain

f:id:sabaepc:20200831134418j:plain

オンラインでも参加者が現地の様子を知ることができるように、Webサイトを作成。

その名も、鯖江まるわかりマップ」「鯖江人図鑑」

製作者は学生団体withの野村くんとみさきくん。

f:id:sabaepc:20200831134620j:plain

 

それぞれについてお二人からもご好評いただきました。

f:id:sabaepc:20200831134749j:plain

マップ上にあるピンをクリックすると、そこにある施設についての説明動画が流れる仕組み。

 

また、鯖江人図鑑には鯖江市の明るい市民たちの情報が載っています。

f:id:sabaepc:20200831134946j:plain

 

まずは来週のヒアリング会に向けて、チームごとに鯖江のインプットをしていきましょう。

 

18名の市長決定(第13回)

8月3日(月)~8月9日(日)にZoomによるオンライン面接と書類選考を行い、第13回鯖江地域活性化プランコンテストに参加する18名を決定しました。

 

■参加学生学校別(18名)

東京大学     2名
慶応義塾大学   2名
お茶の水女子大学 2名
一橋大学     1名
名古屋外国語大学 1名
静岡大学     1名
筑波大学     1名
創価大学     1名
早稲田大学    1名
上智大学     1名
同志社大学    1名
獨協大学     1名
九州大学     1名
中央大学附属横浜高等学校 1名
慶応義塾湘南藤沢高等部  1名

 

キックオフが8月23日、そしてヒアリング会を8月30日に実施します。

 


発表は9月21日(月・祝)。是非ご観覧ください。

www.facebook.com

YouTubeで生配信します!

 

www.youtube.com

 

 

鯖江市 牧野市長による講演を動画撮影しました。

例年、鯖江地域活性化プランコンテストの初日は、

鯖江市の牧野市長から参加者向けにお話をしていただきます。

f:id:sabaepc:20200731141051j:plain

※去年の鯖江地域活性化プランコンテストの様子

 

今年はオンライン開催ということで、実際に参加者の前でお話していただくことはできません。

そこで今年はオンラインの強みを生かして、参加者に講演動画を視聴してもらうことで、牧野市長からのお話を聞いていただきます。

 

本日はその動画の撮影日

f:id:sabaepc:20200731141957j:plain

地元の学生団体withからも数人、ソーシャルディスタンスを保ちつつ視聴しました。

 

f:id:sabaepc:20200731142231j:plain

モニターに鯖江市のデータを出しながら、鯖江市の文化や産業について解説。

普段の講演と違い、プランコンテスト参加者からの視点も配慮しながら鯖江市を紹介していただきます。

 

f:id:sabaepc:20200731142650j:plain

プランコンテストに関連した事業を紹介する場面も。

 

f:id:sabaepc:20200731144950j:plain

学生に語りかけるようにお話していただくことで、非常にインプットしやすい講演となりました。

この講演の様子を動画にすることで、プラコン参加者に視聴していただきます。

 

f:id:sabaepc:20200731144853j:plain

今年の参加者エントリー募集の期限は8月1日。

本番に向けて着々と準備が進んでいます。

 

2020/7/29  in 鯖江市役所

 

sabae-plancontest.jp

牧野市長表敬訪問と鯖江市定例記者会見についての報告

第13回鯖江地域活性化プランコンテストの副実行委員長の石田みのりです。
初めまして。

実行委員長のサポートをしながら新しい形のプランコンテストを作っていけたらなと思っています。

 

先日、実行委員長と一緒に市長表敬&記者会見をしてきました。

f:id:sabaepc:20200720233856j:plain

7月7日 牧野市長 表敬訪問

市長表敬では牧野市長と直接お話していただき、オンライン版プランコンテストの説明をさせて頂きました。初めて直接お話したのですが、気さくで優しい方でした。
今年は牧野市長が退任される前の最後のプランコンテストになります。より一層プランコンテストを成功させるぞという気持ちが増しました!

 

f:id:sabaepc:20200720234017j:plain

牧野市長と「市長をやりませんか?」

 

続いて記者会見について。

私にとって人生初の記者会見・・・めっちゃくちゃ緊張しました。
委員長と2人で何回も原稿読んでシュミレーションして、何とか本番成功したようで良かったです。(本番中の記憶ほぼないです笑)

 

f:id:sabaepc:20200720234219j:plain

7月10日 鯖江市定例記者会見

オンラインで行うことについて記者さんから質問が上がりましたが委員長がしっかりと答えてくれて頼もしかったです。

 

以上、副実行委員長から牧野市長表敬訪問と定例記者会見について報告でした。

 

8月1日までエントリー募集中です。

詳細はホームページご覧ください。

sabae-plancontest.jp

 

小さい頃から頭いいねと言われてきた人が参加した方が良いプランコンテスト

僕は小さい頃から頭いいねと言われてきました。

算数・数学が得意で、テストなんて学校で習ったことをちょっと応用すればそりゃ解けるだろとずっと思ってきた口です。

それで高校受験も大学受験も「自分が合格しそうでかつ一番偏差値が高いところ」という基準で進路選択してきました。

 

課題解決が得意で、その能力を他者がどう評価してきたかで進路選択を選んできた僕(ちょっと辛口に言うと「自分の人生に真摯に向き合ってこなかった僕」ですね)が最も苦労したのは、就活でした。

今までなんとなく能力が高いと評価され、その評価軸で進路選択された僕が急に「数ある企業の中でどのような企業に興味がありますか?またそれはなぜですか?」と言われた時の「え、そんなん知らないんだけど」感。回転寿司で次々に来る寿司(課題・問題)を片っ端からたいらげることはできるけど、回らない寿司屋にいって板前さんから「へいらっしゃい、何握りましょう」と言われた(自分の希望を要求された)時に閉口する感じですね。

 

ただですね、だてに20年近く他者の評価軸で進路を選択してきた人間ではないですから、そんな時の裏技くらい心得ています。それは、「この進路選択の次の進路選択で選択肢を広げられる選択をすること」です。「理系に行ったら文転もできるし」「東大行ったらその後の選択肢が広がるから」「セカンドキャリアを考えて一旦コンサルで」と思ったことがある人、いませんか?(今まで他人事だと思って読んでたでしょ。あなた、あなたのことですよ)

 

そこでもう一歩考えてみましょう。自分の人生、いつ決めますか?

有限の人生の中で次の選択肢(n+1)を確保し続けることに限界があることくらい、頭のいいみなさんならご存知のはずです。価値観が多様化した現代では、自分の価値観と照らし合わせながら最適解を選ぶことが大事であるということくらい、耳にしたことがあるはずです。

20歳も超えたことですし、そろそろ「自分が何をしたいのか」を考える思考方法を身につけたくないですか?

 

そのような人にとっておきのイベントが、鯖江地域活性化プランコンテストです。

 

このプランコンテストでは、「あなたはどうしたいの?」ということが常に求められます。「鯖江市の課題を解決してください」ではなく「あなたは鯖江市をどのような町にしたいのかを考えてください」ということです。

 

f:id:sabaepc:20200707153524j:plain

第12回時に参加(2019年)

 

このような自己に立脚した思考を常に行います。二泊三日、自分の価値観を深堀りした上でそれを仲間とすり合わせ、自分たちの考えと照らし合わせた時にさてどのような町にしたいですか?ということを考え続けるわけですね。そのようなことをすると、自然と「自分軸で物事を考えること」ができるようになります。

 

f:id:sabaepc:20200707160433j:plain

最優秀賞を受賞し、鯖江市 牧野市長とチームメンバーで。

 

こんなプランコンテスト、なかなかないですよ。

エントリー、してみません?

 

sabae-plancontest.jp

 

 

<書き手>

江頭 新悟
東京大学 2020年3月卒、株式会社リクルート NPO法人Wannabe 理事)

第12回参加(最優秀賞)